会社案内COMPANY INFORMATION

ごあいさつ

私達が思うまま社会や経済活動を行ってゆくには、地球環境が健全であることが前提となります。 現在、地球の自浄能力をはるかに上回る廃棄物の存在が大きな問題となっており、このままの状態が続けば、社会や経済に与える影響は計り知れません。
2015年9月 国連はより良い世界を目指すため、SDGsとして持続可能な開発目標を示しています。中でも環境保全への取り組みは、どれが欠けても人類そのものが危機的状況に陥る可能性があり、国や地域に関係なく、全世界の誰もが心がけ取り組むべき目標となっています。

このような環境の中にあって、私ども日本エコロジーは、高度循環型社会の形成につながる環境を大切にする事業活動を行っています。さらに事業活動を通じて豊かな社会作りに貢献することを企業理念として掲げ、産業廃棄物の中間処理と収集運搬、および回収リサイクル事業を展開しております。

多種多様な廃棄物の適正処理や有価物回収には、高度な化学技術力と品質管理力が要求されます。 私どもは、これまで蓄積してきた経験とノウハウに磨きをかけ、競争力を高めながら廃棄物の管理や処理、リサイクル等のサービスを提供してきました。

特別管理産業廃棄物を主とした産業廃棄物の処理においては、性質の異なる廃液が互いの処理薬剤となるような有効利用技術を開発することで、省資源化と処理コストの低減を図っております。さらには、処理によって生成する汚泥等についても減容化による環境負荷軽減やコンクリート原料化などによる有効利用に努めております。

また、有価物を含む廃液に対しては、有価物の回収とリサイクルの可能性を追求し、環境負荷軽減に貢献できるよう努力いたしております。

さらに、蒸溜による溶剤の回収リサイクルにも力を入れており、医薬用途、電子産業用途など、それぞれに要求される品質および品質管理に対応した製品を供給いたしております。

これからも事業展開に必要な技術を築き、地球環境への負荷低減に努め、ステークホルダーの皆さまから信頼される会社を目指す所存でございますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

日本エコロジー株式会社
代表取締役社長 山田 基昭